カンを確証にかえる!浮気の証拠をつ掴むための3つのステップ

女性のカン、特に恋人や夫に関してのカンは非常に鋭いものです。
「浮気してるのでは?」と少しでも感じたなら、その時点で実際に浮気をしている確率は50%をこえているといってしまってもいいでしょう。

けれどもむしろそのせいで、「浮気をしている気はするけれど確証はない」という状態で延々悩んでしまう女性が多いという結果になります。
ここでは、どっちつかずな状況を打開すべく、彼の浮気の証拠を掴むためのステップをご紹介しています。

浮気をしたら、男性はマイペースではいられない

つまり、「今までとは違う部分」が必ず出てくる、ということです。
それが顕著に表れやすいのは、「お金」「見た目」「行動パターン」の3つ。
まずはよく観察してみましょう。

レシートは全てが1度にチェックできる優秀な証拠

金額、日付、どこにいたか、何を買ったかということが一目でわかるレシートは、非常に優秀な浮気の証拠品です。

最近の傾向として、SNSを通じての浮気が非常に多いので、携帯電話やスマートフォンからの浮気発覚には用心深くなっている男性がほとんどだと思います。
が、その分手薄になりがちなのが「現物」であるレシートです。

財布の中まではなかなかチェックできないという方でも、男性の中には、小銭と一緒にポケットにいれて持ち歩いている人の多いので、家に帰ってきた時などに、テーブルに置いている瞬間を狙ってみましょう。

レシートはそれ自体はささいなものなので「あれ?さっき置いたレシートは?」といわれたら、しらを切るか「落ちてたよ」と渡せばすむはず。
その時にあまりにあわてた様子をみせたり、以前はぞんざいに扱っていたレシートをしっかり管理するようになったら、それはそれで怪しい、ということになります。

スケジュールから行動パターンの変化を見破る

浮気相手がどんな立場かによって、彼が浮気をする時間にも変化はあるはずです。

会えないと断られた日、電話をかけたりメールをしたりしても返答がなかった曜日や時間帯、帰りが遅い、休日出勤や出張だと言われた日を詳細にチェックしてみましょう。
パターン化していたり、あまりに多かったりするようなら浮気をしている確率は非常に高いです。

レシートとの合わせ技で、かなりはっきりした確証を掴むことができるはずです。

終わりに

カンが当たることは多いといっても、もちろん思っているだけでは証拠になりません。
「なんとなく怪しい」と思ったことを記録しておくだけでも、真実に近づくステップとして役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です